脳スキャン.webp

脳ドックについて

知っておいた方が良い、自身の脳状態が画像で可視化して確かめられる検査です。

元気に活躍されている方が、突然倒れて亡くなられたり、半身不随で麻痺が残り生活に支障が出る脳卒中は、大変恐ろしい病気として有名ですが、実は突然倒れた様に見える脳のトラブルは、脳の血管に瘤ができる脳動脈瘤や脳の血管が詰まる程細くなる脳血管狭窄があり、実際に倒れる迄には至らない立ち眩み等の軽微な症状や無症候の状態で、軽微な脳梗塞や脳出血を起こしていることがあります。当院の脳ドックでは、先ずは自分自身の脳の状態をMRI装置にて画像化して、脳外科医と自身で脳の状態を確認し、危険な状況の有無と、治療や予防に結び付けに役立つ検査です。

自分の健康を守り、安心して社会生活を過ごせる様に、リスク管理にお役立てください。

​当院の脳ドックは、画像検査を受けられた当日に、脳神経外科による検査結果説明を行い、放射線科医師による検査画像の読影により、脳ドック検査結果レポートと画像検査データをお渡し致します。